地方分散の不動産投資

地方分散の不動産投資

不動産投資で、人気のある投資の形のひとつに、地方分散の不動産投資というのがあります。これは、いろいろな地方にある不動産を、ポートフォリオというかたちでまとめて投資する不動産投資です。

この不動産投資のポートフォリオというのは、簡単にいうと、いくつかの不動産をセットにして、ひとつの投資対象として扱えることにメリットがあります。ひとつの不動産、また、一カ所の不動産に投資をしていると、その地方の人気に上下されてしまいます。また、最近は地味だった地方が一気に人気があがるようなことも少なくありません。そういった地方の違いによるメリットやデメリットに対応するものとして、地方に分散した不動産投資というのが、人気になってきているようです。

 

安価に売り出される不動産について

不動産の中には、相場よりはるかに安い価格で売りに出されているものがあります。

不動産が安い価格で売り出されている場合、一概には言えませんが、何か原因があるものと考えてみた方がいいでしょう。

たとえば、その不動産にマイナス要因があるという場合が考えられます。たとえば、その不動産において過去に事件が起こっている場合もあります。そうした場合は、その不動産の近所の人などから事情を聞いて判断してみた方がいいでしょう。

他の要因としては、地勢や画地規模などの条件に劣っている不動産であったり、高圧線の下にあったり線路が近くにあったりなどということが考えられます。

こうした条件は広告だけではわからないので、実際に調べる必要があります。

■ 横浜、川崎
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar